しののめきたるまえ

萩原朔太郎の詩「鷄」の冒頭です。これをずっと  しののめき たるまえ と読んでました。意味はわかりませんが、なにかを祈っているような印象を抱いていました。それが今日、やっと意味が分かりましたよ。  しののめ きたる まえ...