Glyphsのハンズオンセミナーをします

【DTPの勉強会 特別編・第4回】でGlyphsのハンズオンセミナーをやりますよ。

今回はDTPに特化した内容で、DTPの仕事で使う記号フォント作成をGlyphsで実際に作りながら学ぶセミナーです。ハンズオンなので、全員が完成までたどり着けるように、参加者は30名に限定しています。

参加者は以下の3つをクリアしているのが理想的です。

  1. IllustratorやInDesignをDTPの仕事で日常的に使っている
  2. 会場に自分のMacを持ち込むことができる
  3. MacにGlyphsとIllustratorやInDesignがインストールされている

でも、Macは高価ですし、さらにGlyphsとIllustratorやInDesignまでインストールとなると、学びたいけどそれは無理!っていう方もいますよね。なので、この3つは必須ではありません。「Macは持ち込めないけどGlyphsでフォントを作る概要を聞いておきたい」という方も大歓迎。話を聞くだけでも、アレとかコレとか「なるほど~!」って思うはず。

私とmottainaiDTPの照山さんが、得意分野を交互に担当する予定です。照山さんの教え上手が本領発揮しますよ。ぜひお誘い合わせの上、ご参加くださいね。

追記

今回の目標である「DTPの仕事で使う記号フォント」は、

  • Adobe-Identity-0のCID-keyed(=日本語フォントにする)
  • GSUBのdligを利用した合字グリフ
  • GSUBのvertで縦組み用グリフ

このように日本語組版で実用的に使える機能を実装します。これが(GUIアプリで簡単に)できるのはGlyphsだけ。だからGlyphsなんです!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です