源ノ明朝/角ゴシック-1 フォントを整理しよう

源ノ明朝/角ゴシックのフォントについて、みなさんはすでにご存じだと思います。Web検索すれば情報が得られますし、そうした情報をここに繰り返し書くことは控えます。

ここでは、源ノ明朝/角ゴシックを使おうとしたけど、なんだかよく分からないよ! と困っている方々に向けて書きます。

よく分からないのは当たり前

このフォントは、本当に分かりにくいです。すんなりと何も困らずに使える人なんていません。みんな困惑しながら「こういうことかな?」と探りながら使い始めます。分からないのは当然なんです。全然恥ずかしいことではありません。

ダウンロードして整理しよう

とにかくフォントを入手しないことには話が始まりません。源ノ明朝をダウンロードしてみましょう。場所はこちらです。

adobe-fonts/source-han-serif at release

ところが、いきなり大きな壁が立ちはだかります。下へスクロールすると説明がたくさん書かれているのですが、すべて英文。しかも、この英文が読めたところで、なにをダウンロードしていいのかまだ分かりません。この説明自体、フォントにかなり詳しい人じゃないと分からないんです。

そこで、ちょっと時間がかかって大変ですが、とにかく全部ダウンロードしてください。方法は下図のように2カ所をクリックします。

整理する

ダウンロードしたZIPファイルを解凍して、そのフォルダを開きます。

これもなにがどうなっているのか、よく分かりません。もうちょっと整理して、分かりやすくしましょう。

新規フォルダを作り、名前を「フォント以外」にします。この中へフォント以外のものを入れてしまいます。

上図のようにしてください。かなりスッキリしました。次はフォントを分類します。

新規フォルダを2つ作り、名前をそれぞれ「フォント サブセット」「フォント フルセット」にします。名前の意味は、今は気にしないでください。次回説明する予定です。

「フォント サブセット」の中へ「SubsetOTF」を、「フォント フルセット」の中へそれ以外を入れます。上図のようになります。これをさらに見通しが良くなるようにします。

「フォント フルセット」の中に新規フォルダ「最先端すぎる」を作り、中へ「OTC」「SuperOTC」を入れます。これは捨ててもかまいません。というか、ダウンロードは何度もできるので、ここでは捨てちゃいましょう。「フォント以外」も捨てちゃいます。

ますますスッキリしました。でも実は、中にまだ余計なファイルが残っています。

このZIPファイルは本当に余計なので、捨ててください。

整理完了です。これでやっと、みなさんが本当に欲しいものだけになりました。

しかし、困惑はまだ続きます。源ノ明朝/角ゴシックには「サブセット」「フルセット」の2種類があります。いったいどちらを使えばいいのでしょうか? ここが最難関です。次回説明するつもりですが、うまく説明できるといいなぁ…。

4件のコメント

  1. Noto CJK の方はファイル種類の選び方フローチャートもページ下部にあって、それぞれのファイルのダウンロードリンクもあるのでわかりやすいですね(英語なのには変わりありませんが…w)
    https://www.google.com/get/noto/help/cjk/

  2. そのフローチャート作ったのはアドビですよ。(私が見やすく整えたの!笑)
    download-guide-source-han.pdf
    「フォント以外」で捨てられた中にあります。笑
    ちゃんと5言語で翻訳したので、2ページ目に日本語もあります。
    フォントの種別も限界まで文字数減らして分かりやすくしたつもりですが、
    たぶんこれでも難しいので、あとはものかのさんに託した!

  3. りょこせんせー!
    「文字っ子じゃない人」にも分かるように、がんばって書きますね~

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です