FILL Id

機能

FILL Idを起動しておくだけで、下記のキーボードショートカット機能が有効になります。不要な機能はOFFにできます。

使い方

起動しておくだけです。環境設定で各種機能のON/OFFを設定します。

スクリーンショット

仕様

完全フォーマットなしでペースト

InDesignの[書式なしでペースト]はルビが残ります。FILL Idは属性を完全に消したプレーンテキストでペーストします。

InDesignの[書式なしでペースト]は、選択範囲先頭の文字の書式になりません。FILL Idのペーストは選択範囲先頭の文字の書式にします。

InDesignのペーストはUnicode正規化のNFCが適用されます。NFCは結合文字列を合成する利点があるものの、互換漢字が統合漢字に変わってしまう致命的な欠点があります。FILL Idは結合文字列を合成しつつ互換漢字はそのままでペーストします。

ペーストする文字に「合成できない結合文字/PUA/絵文字モディファイア/国旗絵文字」が含まれていたらアラートを表示します。

ペースト時にディスプレイを一瞬だけ暗くします。InDesign標準のペーストと区別できます。

表のセルを選択したときのペーストには対応していません。

shiftキーを加えるとペースト時に文字列前後の空白文字を削除します。

「旧バージョンのペースト方法を使う」をONにすると、FILL Id v1.0までのペースト方法で実行します。ペーストが実行されない時はここをONにしてください。

ページ/スプレッド全体表示

cmd+テンキーの0(ゼロ)で全体表示をします。

ズームイン/ズームアウト

cmd+テンキーのプラス/マイナス記号でズームをします。

InDesignのズームは選択オブジェクトを中央にして表示倍率が変わり、予期しない表示位置の変更が起こります。FILL Idは選択をすべて解除してからズームすることでこれを防ぎます。

shift+cmd+テンキーのプラス/マイナス記号で10%ずつの増減になります。

shift+option+cmd+テンキーのプラス/マイナス記号で標準のズームとして動作します。

表示/非表示

設定したFキー(初期設定はF13)で各種ガイドやグリッドなどの表示を一括でON/OFFします。

表示が更新されるので、InDesignで時々発生する描画不良を改善できます。

既知の問題

「完全フォーマットなしペースト」は、以下の4条件がすべて重なると、選択した先頭の文字の書式になりません。

  1. 選択範囲に改行がある
  2. 選択範囲の直前に改行がある
  3. ペーストするテキストに改行がある
  4. 選択範囲または直前に段落スタイル([基本段落]を除く)が適用されている

ダウンロード

更新履歴

Mojave 10.14.x 以降
2023.1.11
FILL Id 1.2.0

Mavericks 10.9.5 以降
2022.5.25
FILL Id 1.0.2

PPC対応の32bit版

Mac OS X Tiger 10.4.11以降
2012.1.18
FILL InDesign 0.9.9

ショートカットが動作しない時

未公証版をお使いください。
未公証版 ダウンロードページ

インストール

FILL Idを任意の場所に置きます。

おかしいなと思ったら

option+cmdキーを押しながら起動すると設定がリセットされます。この操作で直るかもしれません。