GlyphsのvertOriginの改善と問題

Glyphsは2.6.2のリリース時点でvertOriginの設定に重要な変更をしています。その変更は編集ビューで縦組にした時の情報パネルに反映されました。

情報パネルの見た目が大きく変わっています。ここで最も重要な変更は「o default」と表示されている項目が新たに追加されたことです。この箇所でvertOriginの数値を直接設定できるようになりました。

vertOriginについて

そもそもvertOriginとは何でしょうか。全角アルファベットと全角記号のグリフを例にして説明します。
続きを読む →

SPAi 3.5.0

SPAi アイコン

SPAiを3.5.0にアップデートしました!
ダウンロードはSPAi専用ページからどうぞ。

  • スクリプトパネル上部のIllustrator名表示を少し大きくした。
  • 明るさ自動調整を廃止した。

ダークモード対応は見送り。明るさ自動調整を廃止したのは、MojaveでOS側の制限がキツくなってしまって、2020を含む複数バージョンのIllustratorを同時起動して切り替えると、2020が最前面になるたびにアラートが表示されてしまうようになったからです。

SPAiは明るさ自動調整がONならIllustratorが最前面になるたびにUIの明るさを確認していたのですけど、これが2020で反応されまくってしまうんですね。仕方がないので、明るさ自動調整そのものを廃止にすることにした次第です。(hamkoさんに感謝!)

Illustrator名表示を大きくしたのは、あかつきさんのリクエスト。DTPerはもうみんな老眼だし、このくらいがちょうどいいよね!

いろんなアプリでちゃんと縦組になるフォントをGlyphsで作る

下記のその3で指摘したGlyphsのバグが開発版2.6.4 (1283) でフィックスされたことを確認しました。2.6.4以降はvrt2も自動生成で大丈夫!


縦組に対応したフォントをGlyphsで作っていて、Adobeのアプリではちゃんと縦組になるのに、他のアプリではおかしくなってしまうことがありますよね。

  • 他のフォントのグリフが表示される。
  • 縦組用のグリフに変わらない。
  • 欧文用英数字が正立したり、スカスカになったりする。

このようになってしまうのは、フィーチャーにvrt2がない、もしくはvrt2のコードが不適切であるのが原因です。その対策方法をここで説明します。
続きを読む →

Illustrator形式のファイル(.ai)についてちゃんと大雑把に説明してみる

v9以降の今のIllustrator形式ファイル(.ai)についてちゃんと説明しているところがないようなので、ここで大雑把に説明してみます。

結論から言うと、Illustrator形式のファイルはPDFです。このことはIllustratorが大好きな皆さんもよく知っているでしょう。ここで私が説明しようとしているのは、それをもうちょっと大雑把に掘り下げた話です。
続きを読む →