InDesignで引用符をどうすればいいのか

InDesignで縦組みにしているとき、下図のように適切に「和文の引用符」と「欧文の引用符」を使い分けたいですよね。
理想の引用符
でも自動的にこうなってくれません。以下のうちのどれかになってしまいます。
最初の状態
こうなるのには根本的なワケがあります。英数字などは和文用/欧文用がいわゆる全角/半角で区別されているので、文字入力で使い分けができます。しかし、引用符は区別されていません。「和文の引用符」と「欧文の引用符」を文字入力で使い分けができないのです。これが引用符の文字組版を難しくしています。

それでは、引用符を適切に使い分けるにはどうすればいいのか。結局のところ、個々の引用符をそれぞれ和文用/欧文用に設定するしかありません。

以下はそのベストな設定を考えたものです。なるべくシンプルな設定を目指しました。

ただ、どうしてもシンプルにできないところがあります。

  • その引用符を和文用にするのか、欧文用にするのか、この判断をコンピューターに自動的にさせるのは不可能です。人間が文意を読み取って個々に判断するしかありません。
  • InDesignのバージョンを「CS5.5まで」「CS6」「CC以降」の3つに分けて対処する必要があります。
  • この設定方法は、そのフォントの引用符に「等幅全角字形」と「プロポーショナル字形」が設けられている場合のみ可能です。

CS5.5までの設定方法

  • 和文用引用符 →「等幅全角字形」を適用する
  • 欧文用引用符 →「プロポーショナル字形」を適用+文字回転マイナス90°

CS6での設定方法

CS6ではオフ
環境設定「組版」の「縦組み中で引用符を回転」をOFFにします。この機能はCS6で搭載されたのですが、実装に失敗しています。もう大失敗。使うと混乱の坩堝に叩き落とされるので使ってはいけません。ここをOFFにして「CS5.5まで」と同じ方法で対処します。

CC以降の設定方法

CC以降はON
環境設定「組版」の「縦組み用の引用符を使用」をONにします。CS6で失敗した機能が修正されて成功しています。そして、

  • 和文用引用符 →「等幅全角字形」を適用する
  • 欧文用引用符 →「プロポーショナル字形」を適用

「CS5.5まで」と同様に対処します。違うのは「文字回転マイナス90°」をしなくていいこと。

この方法の利点

引用符がどんな状態でも一律にこの方法で対処できます。和文/欧文用はそれぞれ文字スタイルにすると良いでしょう。そして「とりあえず正規表現スタイルですべて和文用にして、欧文用は個別に設定する」というように手数を最小限にする工夫も可能です。

なお、設定しなくても欧文引用符のように見える箇所も「プロポーショナル字形」を適用した方が良いです。フォントによって和文用/欧文用の引用符で、字形、字形の位置、字幅が異なる場合があるので、欧文用はちゃんとプロポーショナル字形にしましょう。もちろん欧文引用符の前や後には欧文スペースを入れます。

横組みの場合

横組みでも引用符の和文/欧文用の区別は自動的にできません。以下のうちのどれかになります。
横組の最初の状態
ここは全バージョン共通で「CC以降」の方法で一律に対処すればOKです。

2件のコメント

  1. +DESIGNING vol.42 P.36で「引用符はとにかく面倒くさい」と説明したのですが、具体的にどう対処すればいいのかほとんど書けませんでした。その補足でもあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です