Illustrator形式のファイル(.ai)についてちゃんと大雑把に説明してみる

v9以降の今のIllustrator形式ファイル(.ai)についてちゃんと説明しているところがないようなので、ここで大雑把に説明してみます。

結論から言うと、Illustrator形式のファイルはPDFです。このことはIllustratorが大好きな皆さんもよく知っているでしょう。ここで私が説明しようとしているのは、それをもうちょっと大雑把に掘り下げた話です。

PDFファイル

PDFファイルの中を覗くと、最初に「%PDF」と書かれていて、最後に「%%EOF」と書かれています。つまり大雑把にいうと、PDF形式は「%PDFから始まって%%EOFで終わっているファイル」のことです。

「PDF互換ファイルを作成」オフのIllustratorファイル


それでは、保存時に「PDF互換ファイルを作成」をオフにしたIllustratorファイルは、PDFではないのでしょうか? 実はちゃんと%PDFから始まって%%EOFで終わっている歴としたPDFファイルです。そうすると中身はどうなっているのでしょうか?

「これはPDFの内容を含めずに保存されたAdobe® Illustrator®ファイルです」と書かれたものを皆さんは見たことがあるでしょう。あれが保存されたPDFそのものです。そしてこのPDFの中にIllustratorのネイティブデータが含まれています。

なお、ネイティブデータはPDFとは異なる独自仕様のデータです。今のIllustrator形式はネイティブデータだけを指すのではなく、非PDFのネイティブデータをPDFデータでラッピングする構造のデータを指しています。

「PDF互換ファイルを作成」オンのIllustratorファイル


それでは、保存時に「PDF互換ファイルを作成」をオンにして保存するとどうなるでしょうか?

IllustratorのネイティブデータがPDFに変換されて保存されます。そしてこのPDFの中にIllustratorのネイティブデータが含まれます。

「PDF互換ファイル」は、ネイティブデータをちゃんとPDFに変換したファイルであるという意味なんですね。めちゃくちゃ分かりにくい。

大雑把なまとめ

  • 今のIllustrator形式ファイル(.ai)は、常にPDF形式のファイルとして保存されます。そして常に非PDFであるネイティブデータを中に含みます。
  • Illustratorのネイティブデータを直接開いて編集できるのは、Illustratorだけです。
  • AcrobatがIllustratorファイルを開く時、Acrobatが開くのはPDFデータの方です。ネイティブデータは完全スルーです。
  • AcrobatでIllustratorファイルを開いて編集加工をすると、編集加工されるのはPDFデータの方だけです。ネイティブデータは完全スルーです。
  • InDesignにIllustratorファイルをリンク配置する時、InDesignから見えているのはPDFデータのみです。ネイティブデータは完全スルーです。
  • IllustratorにIllustratorファイルをリンク配置する時、Illustratorから見えているのはPDFデータのみです。ネイティブデータは完全スルーです。
  • IllustratorにIllustratorファイルをリンク配置して埋め込む時、埋め込み処理されるのはPDFデータの方です。ネイティブデータは完全スルーです。
  • Illustratorが上位バージョンのIllustratorファイルを開く時、開くのはPDFデータの方です。ネイティブデータは完全スルーです。
  • Illustratorが上位バージョンではないIllustratorファイルを開く時、開くのはネイティブデータの方です。PDFデータは完全スルーです。

重要な追記

この記事を読んで「IllustratorはPDFを編集するアプリ」と思い違いをしてしまう方がいるようです。ここではっきり言っておきましょう。IllustratorはPDFを編集するアプリではありません。断じて違います。

Illustratorは、Illustratorのネイティブデータだけ編集できるアプリです。

PDFデータとIllustratorのネイティブデータはまったくの別物であって、互換性はありません。それならIllustratorがPDFを開く時に何をしているのかというと、PDFデータを無理矢理にネイティブデータに変換をしているだけです。そこでは破壊的な変換が行われます。そのようなアプリをPDFを編集するアプリなどとは到底呼べません。

なお、IllustratorのネイティブデータはPGFと呼ばれています。AdobeはPGFの仕様を公開していないのですが、この手鞠先生のブログ記事で、PGFは旧Illustrator形式の拡張であってPDFではないことが分かるでしょう。
手抜きLab@DTPの現場 – Illustratorデータをのぞき見するメソッドについて
(※手鞠先生は冒頭でどうでもいい無駄話をするスタイルなので読み飛ばすのがコツです)

追記

モリオ先生が図解してくれたので、ここに貼っておきますね。

追記 EPS形式について

今のIllustrator EPS形式はEPSデータだけを指すのではなく、非EPSのネイティブデータをEPSデータでラッピングする構造のデータを指しています。

2件のコメント

  1. 「大雑把なまとめ」がまとまっていなくてわかりにくかったです。
    「Illustrator」のような単語が多重複。文章形式。
    本文では図解でわかりやすかったのにです。
    また、『Illustratorのバージョン「9」以降において』のような条件説明が必要と思いました。

  2. それも含めて大雑把というネタなので、ご了承くださいな。まあたしかに分かりにくいので、モリオ先生が図解を描いてくれたので貼っておきます。

    追記:
    思い直してもうちょっと分かりやすくしてみました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です