InDesignドキュメントを新しいバージョンで開くと
文字化けしたり文字組みが変化したりする可能性がある

InDesignドキュメント(.indd)を作成バージョンより新しいバージョンで開くと、文字化けしたり、文字組みが変化したりする可能性が大いにあります。これは、InDesignがバージョンアップ時に不具合を修正したり、仕様を変えたりするのが原因です。ほとんどがリリースノートにも書かれないため、一部の人たちだけが見つけて知っているような状況です。

こうした情報をまとめたものが見当たらなかったので、ここにまとめておくことにしました。漏れがありましたら教えてくださいな。


CS3
矢印系の文字が欧文扱いされたので、欧文の行分割禁止の影響を受けるようになった。
InD-Board No.7794

CS5
「欧文泣き別れ」の仕様が変更された。
InDesign CS5の「欧文泣き別れ」はハイフネーションと連動している – 実験る~む

CS5
不正な異体字属性が適用された文字が化ける。
InDesignの異体字属性伝染と文字化け(深刻なバグ) – ものかの

CS5
同一行に0面外の文字が存在すると「カスタムのアンカー付きオブジェクト」の直前にアキが発生してしまう。
(CS5以降)アンカー付きオブジェクトの前にアキができる |Adobe Community

CS6
SINGが全廃され、SINGを利用して表示していた文字が化ける。
【InDesign CS6】SINGを使ったドキュメントを開いてみる

CS6
約物に設定した圏点が表示されない。
Indesign CS6における圏点の仕様について – DTP駆け込み寺

CS6
連数字処理の仕様が変わった(不具合?)。
InDesignではCS6から単数行コンポーザーの結果が変わる

CC (9.3)
合成フォントの数字がアキ量設定で欧文の文字クラスにされる不具合が修正された。
合成フォントを使用すると和欧間の文字組み設定が正常に動作しない (InDesign CC)

CS6(8.1)以降
「ここまでインデント」の不具合が修正された。ただし、CC 2014のみ不完全なまま
No.03 ここまでインデントの不具合修正 | InDesign CC 2014 | InDesignの勉強部屋(2014.6.19)
InDesign CS6 8.1.0 リリースノート(2015.1.29)

CC 2014.2
.otfの欧文フォントの日本語の文字がアキ量設定で欧文扱いされる不具合が修正された。


こうして見てみると、上記をピンポイントで拾いながら確認するのは無理ですよね。これ以外にもあるでしょうし。「inddを新しいバージョンで開くと必ずどこかが変化する」と考えて慎重になるくらいがちょうど良いです。PDFで差分を比較するなどして、相当にしっかり確認をしないと事故になってしまいます。

とにかく、InDesignドキュメントを新しいバージョンで開くなんていうのは、不用意に気軽にしていいことではないのです。

2件のコメント

  1. お~まちさん、ありがとうございます!
    SING、筆頭に挙げなきゃいけないものが漏れてましたね~

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です