InDesign ユーザが歓喜する

Mac 版 InDesign の問題点

Mac 版 InDesign は、InDesign ドキュメントのアイコンがすべて「インストールされている最新バージョン」になります。そのため、保存バージョンを容易には確認できません。
indd_default
さらに、どのバージョンで保存された indd であっても、ダブルクリックすると常に「インストールされている最新バージョン」で開きます(Windows もこれは同じ)。

どこかにきっと「常に最新バージョンで開いて作業すればいい」という桃源郷があるのでしょうね。でも実際は、ユーザのほとんどすべてが困っているのではないでしょうか。

その原因と実際

しかし、これは InDesign がわざとそうしているのではありません。OS X がファイルとアプリケーションを関連づける仕組みに原因があります。その証拠に InDesign の設定ファイルを見ると、バージョンごとに indd のファイルタイプを個別に設定していて、アイコンファイルもバージョンごとに同梱してファイルタイプに関連付けています。OS X がこれを反映しないにも関わらず、そうなっているのです。私はそこに大きな良心を感じます。

Glee の目的

Glee はその良心を汲み取って作られました。以下の機能があります。
indd_glee

  • indd のアイコンが保存バージョンに応じて変わるようにする
  • indd の保存バージョンを検出し、同じバージョンの InDesign.app で開く
  • ブック、ライブラリ等の保存バージョンも検出する

システム要件

Mac OS X 10.4.11 以降(Windows では使えません)


クレジット

  • このソフトウエアはフリーウエアです
  • 著作権は作者にあります
  • 再配付は自由ですが、現状の配布形態に一切変更を加えないでください
  • 商業メディアへの掲載、収録等は事前に作者までご連絡ください
  • このソフトウェアを使用したことによる一切の損害について作者は責任を負いません