普通のUnicodeはNFCなのか

「普通のUnicodeはNFC」というおかしな風説が流布されています。文字っ子にしてみれば「なに言ってんの?」となるのですが、この風説のどこがおかしいのかを説明しようとすると途方に暮れます。もうどこから突っ込んでいいのか分からない。

一番難しいのは「普通のUnicode」自体が何を指しているのか分からないことです。Unicodeに「普通」とか「普通じゃない」なんて区別はありません。でも区別してそう言っている。どこで区別しているんだろう?

zrbabblerさんがブログ記事「“普通のユニコード”は NFC なのか」を公開されました。ここでは「普通のUnicode」を「レガシーエンコーディングから変換して得られたUnicode文字列」としています。実証的な説明をするにあたってこれしかないというくらいに秀逸ですし、説得力があります。

ただ、「普通のUnicode」と言っている人たちは、そういう意味で言っているのではないような気がするんですね。そこでzrbabblerさんのブログ記事とは別の視点で考えてみることにしました。
続きを読む →

OSX附属の游明朝体はInDesignで気をつけよう

OSX附属の游明朝体は10.10 YosemiteでAdobe-Japan1でしたが、10.11 El Capitan以降でAdobe-Identity-0に変わっています。この変更はInDesignのアキ量設定に影響を与えます。つまり、.inddを開くときのOSXのバージョンによって組みが変化する可能性があるということです。

詳しくは下記のツイートから連投で説明していますので、日付の箇所をクリックしてご覧ください。

なお、ツイートではグリフと文字コードを「グリフくん」「モジコさん」と表現しています。グリフくんとモジコさんについては+DESIGNING vol.42で書きましたので、ぜひ読んでくださいな!