[DTP向け]Source Han Sansの使い方 その3
 三点リーダーに注意

様々なリリースをしているSource Han Sansですが、言語機能はそれぞれ異なります。その中で、唯一共通していて同じものがひとつだけあります。「三点リーダー」です。
三点リーダーの言語機能
Source Han Sansは日中韓フォントなので、三点リーダーは、上図左側のものがデフォルトです。そして、上図右側は点々が下にずれている欧文用のものです。Source Han Sansには、ラテン系言語にすると三点リーダーが欧文用になる言語機能があります。
三点リーダーの言語機能をInDesignで設定
実は、これがまともに機能するのはInDesignのみです。
Read more…

[DTP向け]Source Han Sansの使い方 番外
 Source Han Sansシリーズのグリフセット

Source Han Sansシリーズのグリフセットについて情報が錯綜しているようなので、ここでまとめてみます。(知ったかぶりなので間違っていたらご指摘をお願いします!)

Adobe-Identity-0

「Source Han Sansの文字コレクションはAdobe-Identity-0(以下 AI0)である」といったような意味の情報が見られますが、それは誤りです。Source Han SansのROS(文字コレクションの情報)はたしかにAI0ですが、これは特殊な目的を持ったROSで、Adobe-Japan1のような「様々なフォントで利用される公的な文字コレクション」を意味しません。

AI0の代表例は「かづらき(PDF)」です。ここで使われているグリフにはAdobe-Japan1に存在しないものも含まれるため、公的な文字コレクションに縛られず、柔軟にグリフへ任意のCIDを付けられるようにする必要がありました。そこでAdobeが設けたのがAdobe-Identity-0です。

AI0にすると、アイデアをフォントに実装することがより容易になります。そのかわり、他のフォントとの互換性が損なわれやすくなります。AI0は「特定のフォントだけのその場かぎりのグリフセットであることをROSで示している」と言うことができます。
Read more…

[DTP向け]Source Han Sansの使い方 番外
 “DTPではどれを選べばいいの?”

Source Han Sansの公開から数日が経過しました。期待と称讃の中、多様なリリースをしているこのフォント群をどのように把握して扱えばいいのか、困惑している方がかなりいるようです。今後、実際に使う人が多くなると、その困惑はますます増えていくような気がします。そこで、DTPでの使用に限定して、Source Han Sansのどれを選べばいいのかを考えてみます。

でも結論から先に言ってしまいましょう、DTPでは「単言語版だけを使う」のがベストだと思います。以下、その理由。
Read more…

[DTP向け]Source Han Sansの使い方 その2

その1からの続きです。

Source Han Sansの特徴は多言語対応だけでなく、画期的な独自機能もあります。全然注目されていなくて寂しいので、ここで取り上げます。DTP的にはむしろこっちの方がスゴいかも。

2倍ダーシ・3倍ダーシ

全角ダーシを2つ並べると、全角ダーシ2個の字形が並ぶのではなく、2倍ダーシ専用の合字字形になります。
2/3倍ダーシ
さらに3つ並べると、3倍ダーシ専用の合字字形になります。(どこで使うんでしょうね?笑)
Read more…

[DTP向け]Source Han Sansの使い方 その1

昨日、日中韓の文字に対応したOpenTypeフォント Source Han Sans が発表されました。\拍手ー/

とても評判になったので、ご存じの方も多いと思います。Webでもいろいろな記事が公開されたので、一通り読んでみたんですけど、どれも具体的な使い方が書いてないんですよね。ということで、日本のDTP向けに限定して、ちょっと書いておこうと思います。

Source Han Sansは、3種類あります。
1. マルチ言語版
2. 単言語版
3. OTC版

注)繁体字と簡体字の違いは言語じゃないんですけど、ここではあえて言語の区分にしておきます。
Read more…

Unicode正規化 用語の混乱について 第3版


初版 Unicode正規化 日本語訳の混乱
第2版 2013/5/10 誤解を修正。全面的に書き直し。
第3版 2014/7/13 なるべく分かりやすく全面的に書き直し。


UnicodeとUCS(ISO/IEC 10646)の二つの規格は、「合成」という用語の意味がまったく異なります。書籍やWebの文章でこの「合成」が異なった意味で混在しているため、とくにUnicode正規化を理解するときの大きな妨げになっています。

UnicodeとUCS

UnicodeとUCSの関係を簡単に説明しておきます。Unicodeは私企業の団体が決めた標準規格、一方のUCSは公的な国際標準の規格です。いろいろと大人の事情があったようで、UCSはUnicodeをそのまま呑み込むことになり、両者は一応「同じもの」とされています。「同じもの」とはいっても、両者の規格書の構成や文章はまったく異なります。

用語の相違

両者の規格書で最も激しい相違が、「基底文字+結合文字」の周縁の用語です。以下にそれを図にしてみました。(1

UnicodeとUCSの用語の違い
English

Read more…

  1. Unicodeの用語はUAX#15のRevision 41、UCSの用語は2012-06-01版のPDFから採取しました。Unicodeの用語の日本語訳は英日用語集を参考にして、Combining Character Sequenceだけはより一般的な「結合文字列」を採用しました。 []

Unicodeの合成除外とHFS+の正規化 第2版


第1版 2012/12/26
第2版 2014/7/10 誤った情報を修正。全面的に見直し。公開しているPerlスクリプトも記事内容に合わせて更新。


Unicode正規化の合成(Composition)は、対象の文字が単一符号位置であっても、かならず分解(Decomposition)をしてから合成しています。そのとき「分解した後に元通りに戻せない文字」があります。これを合成除外(Composition Exclusion)といいます。(1 (2

NFCに正規化

結合文字列を合成したり、逆に分解して結合文字列にするとき、NFC/NFDをそのまま適用する間違った運用が広く行われています。どうして間違っているのかというと、そこでは結合文字列の合成/分解だけでなく、合成除外が分解によって別の文字に変わる現象も発生してしまうからです。これを避けるには「合成除外の正規表現にマッチする文字以外を正規化する」というような処理をするしかないでしょう。
Read more…

  1. 旧サイトの「Unicode正規化 その4」で詳しく触れています。 []
  2. Compositionの意味はUCSとUncodeで真逆です。ここではUnicode正規化の文脈にあわせた和訳を採用しています。参照:「Unicode正規化 用語の混乱について」 []

InDesign Glee 1.6(CC 2014対応)

InDesign Glee 1.6.0 を公開!
download page | Help

  • CC 2014 に対応(あかつきさん、thanks!)

注意点
この新しいGleeを(inddに関連付けをして)使うときは、一度システム再起動をしてください。そうしないとCC 2014のinddにアイコンが反映されません(原因は不明…)。

OS X 10.9 で使う方は、こちらを参照してください。
InDesign Glee と OS X 10.9(Mavericks)

追記1
1.6.1に更新しました。「CCまでの旧バージョンで作ったinddをCC 2014で開いて保存」したinddのフルバージョン取得に失敗するバグを修正しました。
(うら子さん、thanks!)

追記2
1.6.2に更新しました。ver.9から「CC」の文字列を求める処理時のバグ、インストールされているInDesign.appのリストのソート処理のバグを修正しました。
(うら子さん、あかつきさん、thanks!)
Read more…

Illustratorのアレをできるようにした偉業を称える!

Illustrator の環境設定って、環境設定ウインドウをちまちま触らないと変えられないじゃないですか。とくに単位を変えるときなんかプルダウンメニューを4つ変更しないといけないし、線幅と効果とパターンを拡大縮小に追随させるかどうかの設定も切り替える頻度は多いのにこれもちまちま触るしかなくて、それならInDesignのようにスクリプトでちゃっちゃっと変えられるようにしようと調べてみると「Illustratorはスクリプトで環境設定を変えられない」という驚愕の事実に直面して「さすがイラレ、ぶれてない」と諦観の境地で遊ぶことを覚えたあげく夢を見ていたことすら忘れてしまった海千山千のイラレユーザーみなさん! あの夢が現実になりましたよ!

手っ取り早く言うとこういうことです。
実は、Illustratorはスクリプトで環境設定を変更できるようにしています。なのに、肝心のところをひた隠しにしていて、ユーザにはできないようにしています。その肝心のところをてんさんが発掘して見つけだしてくれました。

\てんさん、偉業!/
Illustrator preferences 1 – 手抜きLab@DTPの現場
preferences keeper (AI preferences 2) – 手抜きLab@DTPの現場

ということで、記事を参考にして以下の夢のスクリプトを作ってみましたよ。
・単位をすべてptにする
・単位をmmとQにする
・線幅・効果・パターンを拡大縮小しない
・線幅・効果・パターンを拡大縮小する
ダウンロード

追記:
単位を変更するスクリプトの注意点。これを実行すると、環境設定ではちゃんと単位が変わりますが、文字パネル等の単位表示は変わってくれません。Illustratorのバグです(断言)。このスクリプトだけでなく、あの単位表示の箇所はうまく切り替わってくれないときがあるので困りますよね…

[訂正]InDesign Glee と OS X 10.9(Mavericks)

前に書いた記事 で、「InDesign Glee を OS X 10.9 で使うときは Xcode をインストールしてください」とお願いしたのですけど、実はしなくていいことが分かりました。

ごめんなさい!! Read more…

←Older