OSX10.9以降のHannotateとHanziPenは中国語フォント

OSX10.9(Mavericks)からシステム付属のフォントに、

  • Hannotate SC
  • Hannotate TC
  • HanziPen SC
  • HanziPen TC

上記フォントが追加されていますけど、これは日本語フォントではありません。中国語フォントです。SCは簡体字(Simplified Chinese)、TCは繁体字(Traditional Chinese)です。

Adobe CS6を使っていると、フォントメニューの日本語フォントのエリアにあるので、日本語フォントだと思い込んでしまいます。
CS6_fontmenu
でも、CC以降のフォントメニューではちゃんと中国語フォントのエリアにあります。しかも、Illustratorでは中国語のローカライズ名で表示されるので、うっかり日本語フォントと間違えることはありません。
hannotate_hanzipen
日本語フォントだと思ってしまう原因は他にも「仮名がある」ことですよね。先日教えてもらったのですけど、中国の文字コード(GB)はそもそも日本のJISコードを手本に作られたので、日本語の仮名が入っているんですって。だから中国語フォントには仮名がある。びっくり。

中国語なので漢字も日本語とは違います。とくに「直」なんかは全然違いますよね。さらに、縦組にすると日本語の文字は縦組用のグリフがないので、ヘンなことになります。
hanzipenSC_vert
ここだけの話、日本語だけの書籍のフォーマットでこのフォントを指定したものが本当にあったんですよ。くれぐれも仕事では使わないようにしましょうね!

注:日本語版は販売されています。 PDF

2件のコメント

  1. Adobeのソフトに付属してる中国のフォントを、デザインが面白くて仕事で使っちゃいましたw
    ほんの数文字ですが

  2. あえて使うときもありますよね。
    漢字は日本語との違いが微妙な場合があるので注意です。「春」の五画目とか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です