Glee 1.11.0

Glee_icon
Glee 1.11.0 を公開しました!
ダウンロードは Glee Web サイトでどうぞ。

  • CS6以降のinddはメジャーバージョンのみ検出するようにした。
  • 情報ウインドウのボタンをキーボードショートカットで押せるようにした。(thanks! 尾花さん)

今回はかなり大きな仕様変更をしました。CS6以降のinddから検出するのはメジャーバージョンのみにしました。なぜかというと、Gleeが拠り所にしているindd内のバージョン情報が、CS6以降で不正確になってしまったからです。
続きを読む →

InDesignドキュメントを新しいバージョンで開くと
文字化けしたり文字組みが変化したりする可能性がある

InDesignドキュメント(.indd)を作成バージョンより新しいバージョンで開くと、文字化けしたり、文字組みが変化したりする可能性が大いにあります。これは、InDesignがバージョンアップ時に不具合を修正したり、仕様を変えたりするのが原因です。ほとんどがリリースノートにも書かれないため、一部の人たちだけが発見して知っているような状況です。もちろん、それまでなかったバグが新たに発生している場合もあります。残念ながら、そのバグのほとんどが修正されずに今に至っているのが実状です。

こうした情報をまとめたものが見当たらなかったので、ここにまとめておくことにしました。漏れがありましたら教えてくださいな。
続きを読む →

浮紙 4.1.2


浮紙を4.1.2にアップデートしました。macOS Sierra 10.12対応です。
ダウンロードは浮紙専用ページでどうぞ。

  • macOS Sierraでサイドバーのリストをダブルクリックしてメニューを表示するとフリーズしてしまう不具合を修正。(thanks! 井上さん)
  • 履歴メニューに同一ファイルが複数表示されてしまう不具合を修正。
  • 動作環境がOS X 10.7以降だったのを10.4以降に変更。

浮紙はv.5の開発に行き詰まって、まだ公開の目処が立ちません。なので、v.4の開発終了を撤回します。v.5ができるまで最新OSでも動くようにしていきます。(でも結構限界にきているので、v.5をなんとかしないと…)

ヒラギノ Pro/ProN/Std/StdNは
「オプティカル」と「文字ツメ」を使うと事故る

ヒラギノ Pro/ProN/Std/StdNは、「オプティカル」と「文字ツメ」を使うと事故になる(可能性が大いにあります)。

理由

OS X 10.11 El Capitanで、ヒラギノ Pro/ProN/Std/StdNの仕様が変更されました。
OS X El Capitan(10.11.2)搭載のヒラギノフォントと 弊社製品版フォントについて
ここで最も問題になるのが「■2.濁点類の大型化」です。

SCREENのWebページには、Adobeの「オプティカル」機能を使うと、新旧ヒラギノで文字組みが変化して事故になってしまうことがあると書かれています。

さらに、そこには書かれていませんが、濁点類の大型化で右と上のサイドベアリングの数値が変わるので、Adobeの「文字ツメ」機能でも事故になってしまうことがあります。

対策

El Capitan以降が混在する今のMac DTPでは、とにかく、OSのバージョンに関わらず、

ヒラギノ Pro/ProN/Std/StdNは「オプティカル」を禁止
ヒラギノ Pro/ProN/Std/StdNは「文字ツメ」を禁止

にしてしまうのが、事故を予防する最善策かと思います。

El Capitan登場以降のMac DTP

El Capitan以降のOSX附属フォントの問題は、游明朝体にもあります。
OSX附属の游明朝体はInDesignで気をつけよう
それでも、ヒラギノ Pro/ProN/Std/StdNの方が影響が広汎で、游明朝体より深刻です。
ヒラギノの「オプティカル禁止」「文字ツメ禁止」でほとんどの事故は防げるのではないでしょうか。