普通のUnicodeはNFCなのか

「普通のUnicodeはNFC」というおかしな風説が流布されています。文字っ子にしてみれば「なに言ってんの?」となるのですが、この風説のどこがおかしいのかを説明しようとすると途方に暮れます。もうどこから突っ込んでいいのか分からない。

一番難しいのは「普通のUnicode」自体が何を指しているのか分からないことです。Unicodeに「普通」とか「普通じゃない」なんて区別はありません。でも区別してそう言っている。どこで区別しているんだろう?

zrbabblerさんがブログ記事「“普通のユニコード”は NFC なのか」を公開されました。ここでは「普通のUnicode」を「レガシーエンコーディングから変換して得られたUnicode文字列」としています。実証的な説明をするにあたってこれしかないというくらいに秀逸ですし、説得力があります。

ただ、「普通のUnicode」と言っている人たちは、そういう意味で言っているのではないような気がするんですね。そこでzrbabblerさんのブログ記事とは別の視点で考えてみることにしました。
続きを読む →

OSX附属の游明朝体はInDesignで気をつけよう

OSX附属の游明朝体は10.10 YosemiteでAdobe-Japan1でしたが、10.11 El Capitan以降でAdobe-Identity-0に変わっています。

この仕様変更は、InDesignのアキ量設定に影響を与えます。とくに和欧間のアキへの影響が大きい。つまり、.inddを開くときのOSXのバージョンによって、游明朝体の箇所で、なかったはずの和欧間が発生したり、あったはず和欧間が消失したりして、事故になる可能性が大いにあるということです。

詳しくは下記のツイートから連投で説明していますので、日付の箇所をクリックしてご覧ください。

InDesignで引用符をどうすればいいのか

InDesignで縦組みにしているとき、下図のように適切に「和文の引用符」と「欧文の引用符」を使い分けたいですよね。
理想の引用符
でも自動的にこうなってくれません。以下のうちのどれかになってしまいます。
最初の状態
こうなるのには根本的なワケがあります。英数字などは和文用/欧文用がいわゆる全角/半角で区別されているので、文字入力で使い分けができます。しかし、引用符は区別されていません。「和文の引用符」と「欧文の引用符」を文字入力で使い分けができないのです。これが引用符の文字組版を難しくしています。

それでは、引用符を適切に使い分けるにはどうすればいいのか。結局のところ、個々の引用符をそれぞれ和文用/欧文用に設定するしかありません。

以下はそのベストな設定を考えたものです。なるべくシンプルな設定を目指しました。
続きを読む →

約物Webフォント「約猫」

前回の記事で約物合字Webフォント「YakuLiga」を公開しました。全角約物が連続したときのアキを調整するフォントです。このフォントは合字機能の限界から以下の欠点があります。

  • 約物の種類がとても少ない。
  • 約物が連続で並ぶ個数を3個までに制限している。

そして前回の記事では最後に、この欠点を解決した新たなフォントの存在を予告しました。ここで本命の約物Webフォントを公開します!
続きを読む →