PDFの注釈としてテキストブロックを縦書きにするのは極悪

DTP制作向けのテキスト整形の話です(みんな大好き文字沼)。

Acrobat ProはPDFの閲覧だけでなく、編集もできるアプリです。その編集機能のひとつに「テキストを追加」があります。これで追加したテキストブロックは、横書きから縦書きへの変更ができてしまいます。

DTP制作としては、この縦書きがまあとんでもなく極悪です。ここではそれがいかに極悪かを説明します。

注釈代わりにテキスト追加で縦書きにする極悪

このごろはゲラの校正としてPDFに注釈を入れてくることが増えました。そこでよくあるのは、校正のための注釈機能がちゃんとあるのに、わざわざPDF編集機能の「テキストを追加」を使ってしまうことです。しかもこれを縦書きにしてしまうのが極悪。

約物が極悪

校正戻しですから、校正指示で入力された文字をPDF上でテキスト選択して、コピー&ペーストして使うわけです。そこが縦書きテキストブロックの箇所だと、約物が極悪なことになります。約物の文字コードが、なんと縦組用約物の文字コードに変わってしまうのです。極悪許すまじ。

縦組用約物は、かなり古い昔に縦組みにするときに使っていたようです。今はもうこんな文字なんて縦組みでは使いません。DTPアプリでもこんな文字が混入するのは事故の元であり、百害あって一利なしです。

どうすればいいのか

この極悪な縦組用約物を解決するにはどうすればいいのか。それは、単純に通常の横組用約物へ置換するしか方法はありません。そこで検索置換用の一覧を作ってみました。
縦組用約物を解決する一覧.txt
よかったら参考にしてみてください。

ちなみに、浮紙にはデフォルトで「縦組用約物を解決」の機能があるので、浮紙愛用家の皆さんは必ずこれを仕込んでおくのを推奨します。

なお、Unicodeのプロパティにもマッピングはあるのですが、縦組用約物「︵」が欧文の「(」にマッピングされていたりするので、DTPで利用できるものではありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です