Illustratorはリンクファイルをどうやって探しているのか

Illustratorって、いつどこでリンクファイルのリンクが変わるのか把握しにくくて、管理が難しいですよねぇ。そこで、イラレさんはリンクファイルをどうやって探しているのかをここで整理してみます。この「どうやって探しているのか」をIllustratorユーザー側もしっかり知っておかないと、ただただ混乱するだけで解決できないのです。

まず、大前提から。「リンクファイルがどこにあるのか」の情報は、Illustratorファイルの中にフルパス(絶対パス)で保管されています。これはIllustratorファイルを保存した時点でのフルパスです。

Illustratorファイルを開くと、イラレさんはこの保管されたフルパスを基にしてリンクファイルを探す旅に出ます。

この時、探しに行く順番があるのです。この順番がキモなんです。イラレさんは旅の行程を決して変えません。
(注:下記の「同階層」は、開いたIllustratorファイルと同じ階層という意味です)

  1. フルパスに同名ファイルがあったら、そのファイルとリンク。
  2. 1 がなかったら、同階層にある同名ファイルとリンク。
  3. 2 がなかったら、同階層にあるLinksフォルダ内の同名ファイルとリンク。
  4. 3 がなかったら、同階層にあるフォルダ内を最下層まで探して同名ファイルとリンク。

ファイルを開く度に、イラレさんは毎回この旅に出ます。そして「保管していたフルパス」と「実際に見つけてリンクしたフルパス」が異なっていても、なんの警告も出しくれません。

さらに、イラレさんのバージョンで違いがあります。

  • CS6(v16.0)まで:2番目まで探しに行き、なかったらリンク切れ。
  • CS6(v16.1)からCC 2017(v21):3番目まで探しに行き、なかったらリンク切れ。
  • CC 2018(v22)以降:4番目まで探しに行き、なかったらリンク切れ。

とにかく、どのバージョンでもかならず1番目から順番に探しに行くのだと承知してください。プログラミングでIf文などの条件分岐になじんでいる人なら理解しやすいでしょう。

たとえば…

下図のように画像ファイル9個をリンクしている + 同名で異なるファイルが混在してる場合を見てみます。

この全画像ファイルのフルパスが変わったとします(上位フォルダの名称を変えたり、上位フォルダを移動したりするだけで全フルパスが変わります)。そしてその状態でIllustratorファイルを開くと、イラレさんは1番目で同名ファイルを見つけられないので、次の2番目で探します。するとどうなるか…。

2番目は「Illustratorファイルの同階層にある同名ファイルとリンク」ですから、こうなってしまいます。何の警告も出してきません。この現象は2番目で発生するので、イラレさんの全バージョンで共通です。同名で異なるファイルをリンクするのはまじでヤバいんですよ…。恐怖!

と、このように1番目から順番に旅の行程をなぞっていくと、イラレさんがどこで何をしたのか理解してあげられるのです。

ちなみに、InDesignも同じ現象になるのですが、なんと、ちゃんと警告してくれるんですよ! インデデさん大好き!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です