欧文フォント混植の理想と現実

縦組で英数字を欧文フォントにするのは、きわめて筋が悪い。どのように筋が悪いのかをtwitterで連投したので、ここに貼っておきます。

スペーシングの問題はフォントのグリフ、行分割の問題は文字コードに関わる話です。デジタル組版の文字は構成要素にグリフと文字コードの異なる2種類のデータを同時に持ちます。ですから、今のデジタル時代の組版設計は、グリフと文字コードの両方のふるまいを考慮しなければなりません。そうしないと、設計として成立しないのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です