SPAiのショートカットが反応しないとき(macOS 10.14 以降)

macOS 10.14(Mojave)以降で、はじめてSPAiのショートカットを使おうとすると、かならず下図のようなアラートが表示されます。

ここで「OK」ボタンを押してください。そうすることで[システム環境設定… > セキュリティーとプライバシー > プライバシー > オートメーション]に設定が自動的に追加されます。これは必須の設定です。この設定がされれば、以降のアラート表示はなく、ショートカットも効くようになります。

もしSPAiのショートカットが反応しないときは、[オートメーション]を確認して、チェックをONにすれば大丈夫です。

一度もアラートが表示されず、[オートメーション]にもSPAiが表示されない場合は、macOSのシステム側になんらかの問題があると考えられます。システム再インストールをお勧めします。

3件のコメント

  1. 丁寧に記事にしていただきありがとうございました。
    大変わかりやすく助かります。
    環境設定のオートメーションの項目は確認していたのですが
    SPAiが表示されていたので問題なしと判断していましたが
    正常であればここにチェックボックスと共にイラストレータの
    名称も表示されるはずなのですね。
    やはりOS側になにか不具合があるようで
    イラストレータではなく代わりにFinderと表示されていました。
    ショートカットの利用は諦めていたのですが
    オートメーションにイラストレーターが表示されない原因を
    もう少し探ってみようと思います。
    この度は大変親切に対応していただき感謝いたします。

  2. 図の[オートメーション]にはSPAiにIllustratorだけくっついていますが、SPAiを使っているとFinderとIllustratorの2つが設定されます。

    [オートメーション]の項目をリセットして空にすると直るかもしれません。
    リセット方法は、ターミナルで下記をコピペしてreturnキーを押します。
    tccutil reset All

  3. 早速アドバイスをくださいましてありがとうございます。
    教えていただきましたリセットの方法を試してみましたが
    やはり動くようになりませんでした。
    リセット前に許可済みの他のアプリも再度許可を求めてきたので
    リセットは間違いなくされていたのですが。
    High Sierraまでは全く問題なくMojaveにした途端に出た症状ですので
    原因はセキュリティ関連である可能性が高い思うのですが
    引き続き原因を探って行きたいと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です