SPAiとIllustrator 2021 v25.1.0

SPAiはIllustrator 2021 v25.1.0でほとんどで動作しません。これはv25.1.0の不具合が原因です。v25.0.1をインストールしなおして使うのをオススメします。

詳細

v25.1.0には、AppleScriptの「do javascript」が動作しない不具合があります。SPAiはスタンドアローンのアプリなので、Illustratorの外から操作する必要があり、そこで内部処理としてAppleScriptが必須となっています。.jsxファイルの実行にはAppleScriptの「do javascript」を使っているので、モロに不具合の影響を受けてしまっています。
(動作しないのは.jsxファイルの実行のみで、それ以外の.scptなどは動作します)
方針として、SPAi側で対処することは考えていません。Illustrator側の不具合なのでIllustratorのバグフィックスを待つことにします。

Illustratorのバージョンについて

Illustratorのバージョンは「数字.数字.数字」と表記され、「.」で区切られた3つの数字で区別されています。

  • 1番目の数字はメジャーバージョンと呼ばれます。新機能の追加、システム要件の変更など、かなり大きな区切りです。
  • 2番目の数字はマイナーバージョンと呼ばれます。システム要件はそのままに新機能追加などがされます。
  • 3番目の数字は、Adobeではセキュリティパッチバージョンと呼ばれています。不具合修正も含んでいるので、バグフィックスバージョンでもあります。不具合修正がされるほど数字が大きくなっていきます。

Illustratorのバージョンでは、3番目の数字にも注意してください。v25.1.0は3番目の数字が「0」なので、不具合修正がされていないバージョンということになります。もちろんリリース前に見つかった不具合は直されているのですが、リリース後にも不具合が多く見つかっているのが現状で、「0」はそのリリース後に見つかった不具合の修正がまったくされていないことを意味しています。

仕事でIllustratorを使うときは、不具合に悩まされたくありません。Illustratorがアップデートされたとしても、3番目の数字が「0」なら、自衛策としてあえてアップデートしない選択をするべきでしょう。
(バージョンの区切られた数字が「25.1」のように2つしかない場合、これは3番目の数字「0」が省略されているのであって、「25.1.0」が正式なバージョン表記です)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です