OSX附属の游明朝体はInDesignで気をつけよう

OSX附属の游明朝体は10.10 YosemiteでAdobe-Japan1でしたが、10.11 El Capitan以降でAdobe-Identity-0に変わっています。

この仕様変更は、InDesignのアキ量設定に影響を与えます。とくに和欧間のアキへの影響が大きい。つまり、.inddを開くときのOSXのバージョンによって、游明朝体の箇所で、なかったはずの和欧間が発生したり、あったはず和欧間が消失したりして、事故になる可能性が大いにあるということです。

詳しくは下記のツイートから連投で説明していますので、日付の箇所をクリックしてご覧ください。

InDesignで引用符をどうすればいいのか

InDesignで縦組みにしているとき、下図のように適切に「和文の引用符」と「欧文の引用符」を使い分けたいですよね。
理想の引用符
でも自動的にこうなってくれません。以下のうちのどれかになってしまいます。
最初の状態
こうなるのには根本的なワケがあります。

英数字などは、文字コードのレベルで(いわゆる)全角/半角に分けられていて、これがそのまま和文用/欧文用として区別されています。文字入力の時点で全角/半角を使い分けることで、和文用/欧文用の使い分けが可能であり、InDesignにもこの区別がそのまま反映されます。

しかし、引用符は、文字コードのレベルで全角/半角の区別がありません。そのため文字入力の時点で、和文用/欧文用の区別もできません。InDesginでは設定によって(さらにフォントの仕様の違いも影響して)和文用/欧文用のどちら一方のみになります。これが引用符の文字組版を難しくしています。

それでは、引用符を適切に使い分けるにはどうすればいいのか。結局のところ、個々の引用符をそれぞれ個別に和文用/欧文用に設定するしかありません。

以下はそのベストな設定を考えたものです。なるべくシンプルな設定を目指しました。
続きを読む →

約物Webフォント「約猫」

前回の記事で約物合字Webフォント「YakuLiga」を公開しました。全角約物が連続したときのアキを調整するフォントです。このフォントは合字機能の限界から以下の欠点があります。

  • 約物の種類がとても少ない。
  • 約物が連続で並ぶ個数を3個までに制限している。

そして前回の記事では最後に、この欠点を解決した新たなフォントの存在を予告しました。ここで本命の約物Webフォントを公開します!
続きを読む →