FILL Id 1.1.0

FILL Idを1.1.0にアップデートしました。
ダウンロードは FILL Idのページからどうぞ。

作った本人が毎日よく使っているアプリのひとつです。このショートカットを無意識に手癖のようにしてInDesignを使っています。機能も仕様もほとんど変わらないまま、気づけば15年経っていました。

今回のアップデートでやっと実現できたのが、「完全フォーマットなしでペースト」を実行した後の取り消しです。これまで2回のUndoが必要でしたが、1回で済むようになりました。15年越しの念願達成。うれしいですねえ。

AppleScriptでInDesignのundo modeをどうやって使うのかは情報が乏しく、しかもFILL IdはXojoのプラグインでNSAppleScriptMBSを使っており、その兼ね合いでまた悩ましかったりしていました。そもそもdo script自体が引数をハンドラにするとundo modeが発動しないんですよね。いろいろ試行錯誤した結果、ハンドラではなくコードを文字列として渡せばundo modeが発動することが分かりました。このあたりはJavaScriptと異なり気づきにくいと思うので、ここに書いておきます。

2件のコメント

  1. ものかのさん
    お世話になっています。とても大好きなFILL Idの更新ありがとうございます。
    現在、Mojave 10.14.6でv1.1.0を使っていますが、正しく動作しません。
    挙動としては、FILL Idの機能が何も動きません。

    InDesign CC2019〜2021で試しましたが、
    表示/非表示、ズームイン・アウト、完全フォーマットなしでペーストなど、
    すべての機能が一切反応せず何も起きない、という状況です。
    一旦以前のバージョンに落として使っています。
    取り急ぎご報告まで!

  2. 私も会社のMojaveではキーボードショートカットがまったく反応しなくて、未Apple公証版を使っています。未Apple公証版なら動作するはずですよ。

    私が公開しているアプリで、グローバルなキーボードショートカットを使用するものは、すべて未Apple公証版にする必要があるようです。Appleのセキュリティが強くなってしまった影響で、いかんともしがたいんですよね…。一応、公証版をメインにしていますけど、今後は引っかかるアプリを未Apple公証版のみにするかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です